京つう

  学校・学生  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2006年10月31日

ボランティアサポート部門 自己紹介!

 みなさん、こんばんは~face02

 ボランティアサポート部門、説明会担当の佐藤です。
 
 ボランティアサポート部門、第2弾、自己紹介ですICON59
 今回は、我等のヒーロー的存在、 初鹿野くん です。

 それでは、さっそく、いってみましょうicon14


① 名前と担当を教えてー☆ 

初鹿野雄也 ボランティアサポート『何でも企画』担当です☆

② 事務局参加のきっかけは?? 

 市川君、米尾さん、生田さん、磯村さんに熱烈勧誘されてしまったからです。えへっ☆
 市川君のラブコールicon06はすごかったなぁw


③ 今どんな仕事してるの??

 『何でも企画』自体余り表に出ないので何やっとるんじゃー、て感じですが、
 ちゃんと仕事してます。w
 具体的には、当ボラML作成、名簿リスト作成、交流会・打ち上げ企画運営などなど
 ボランティアの方々の厚生を支える総務課みたいなお仕事が多いですね。


④ はじーは本当に東京人なの? なんでそんなテンションなんですか?
 
 そうです、実は僕は東京人なのです。つまりシティボーイなのです。。。。が、
 実家は最西端で山の上にあります。w 
 もちろん『~じゃん』『~なんだよね』はフツーに使います。むしろ公用語!w
 このテンションは生まれつき、、、か
 もしくは高校の時にアメリカいたからその時に備わったのかもぉ☆



 さとう:そうなんです☆初鹿野君は帰国子女なのです。かっけーーーーicon14


⑤ 先週沖縄に行ってたみたいですが、沖縄の珍事件を教えてー!
 
 そうですねー い○かの唐揚げ食べたりー(不味かった)、
 シーサーの銅像登ってポーズ決めたり ー
 明らかに一人用の更衣室で男二人で着替えたりー 
 うーんまた行きたいなぁw 10月でも全然泳げますよ!めっちゃ海青いのだ!


⑥ 当日ボランティアさんへメッセージをお願いします。 

京都賞ボランティアスタッフとしての思い出:Priceless

 一生忘れられない思い出にしましょう!ていうかしてやるで



 いやぁ、ありがとうございましたぁぁぁICON59

 本当に、思い出はPriceless! みんなで京都賞の思い出を築き上げましょうicon01  


2006年10月31日

「予想GUYです。」

はいはい☆

またまた広報のヨネオです。


28日の全体MTGの後、夜も更けゆく北大路、鳴月庵で何が起こったのかっ…(!?)


お伝えしていきたいと思います・・・・w






ご覧下さいっ★長い髪の女性が何やら一心不乱にジャキジャキと赤い紙を・・・・






他の人々はどうしたのでしょうか?



↓↓↓





ひぃぃ・・・皆さん与しています…




一体何が行われているのか??










おおっと、こちらでは光る箱を前にして精神統一中です。













2回もフラッシュ炊いたのに、やはり見向きもしてくれません。










全体を見るとこんな感じ。









なんだなんだ??
白い大きな紙を広げだしたぞ。










メンバー交代しながらも作業続行。ってか、このとき深夜4時。









「ちょっと姉さん、聞いてくださいよ~っ」
「どした?妹よ。」の図。







はいっ。もうそろそろ皆さんに振り向いてもらいましょう。








あら可愛い☆まぁ可愛い☆




こちらの二人も↓↓↓





あら怪しい。まぁ怖い。

というか、メンバー交代してますね。




 

それなら全員で…



という写真を載せたかったのですが、撮ってませんでした…すまぬ。








 この日はですね、前田珈琲で買ってきたケーキにicon06型ロウソクを立ててHAPPY BIRTHDAYを致しました☆☆☆





 主役はこの二人。



後ろ姿で失礼します。




23歳はじかの君と22歳ハシモト(サロン代表の)君です。


うら若き二人に拍手~っ!!


おめでと~っ!!!!!!!!





サプライズなPARTYの後にハジカノ君の一言。




  「予想GUYです。」





このネタ、今度使わせてもらいます。







そういえばもう一つナイスな格言ありました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ヨネオ 「京子は本当にお料理上手だから~♪」

 京子 「だから、そうやってハードル上げないでよっ!!!!」

代表:市川 「じゃ、その下くぐったら?」




 
  なるほど。





 日本語というものは奥が深い。









  頑張ろう。

 
 今度何かあったら、上手い返しをして見せます。




   ちなみに私、次の日の12時過ぎまで鳴月に居ました。

   濃いですねぇ京都賞。 今度は全員でオールしよう!!